Spice up my life・・・
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

気になるモノ



最近はこっちのアイテムも気になるかなと。
今までとはまた違った感覚でピックしていきたいです。
リバT



ここ何年かサラ着を着る事が多くなっていましたが
最近やっぱり古着やなと。
何がって単純に服としての面白さが詰まってるから!!
特にカレッジ・スクールモノが今気になります。
このリバTなんかもカレッジものでは珍しい黒にオレンジがキイてます!!
しかもマジックで"travis"ってネームが書かれてます。。。
実際リバTって着心地は悪いし暑いですけど
アリかナシかは別にしてこーゆーのが許されるのが古着の良さ!!
ARC'TERYX


最近かなり寒くなり特に風が冷たいです。
個人的にあまりガッツリと着込むのが苦手なんですけど
風が強い日なんかはARC'TERYXに頼ってしまいます。

シェルは薄手ですがGORE-TEXを使用しているので
雨や風は一切通しません。
風を通さないだけで寒さは結構軽減できるので
シャツなんかの上に着る事が多いです。
ハイスペックなPro-Shellも持ってますが街着や自転車ぐらいなら
Paclite-Shellがゴワつかず軽量で着易いです。
MADE by HEALTH


MADE by HEALTH 

ヴィンテージのデニム地を一度解体し再構築。
形はシンプルな分、ヴィンテージデニム特有の荒さや青みが
ダイレクトに伝わってくる一枚。
デニムシャツって探してみると意外に無いんです。
着込んでアタリをつけていくとまた違った表情になっていくので楽しみです。

IPPEI ありがとねー
MIGHTY-MAC
 


MIGHTY-MAC

今シーズン数多くの別注アイテムが展開されているMIGHTY-MAC。
その中でも一番インパクトが強いこのスカル柄。

このスカル柄は数あるヴィンテージ市場のMIGHTY-MACの中でも特に謎が多いJKT。
当時から様々なブランドとの別注アイテム・OEMを製造していたが
ほとんど情報がないスカル柄。
当時、海賊は攻め入る際、相手に対しこのスカル柄の旗を掲げ
攻撃する意思を伝えていたという。
そんなスカルをモチーフにした、当時としてはかなりユニークなJKT。

MIGHTY-MACといえばのMIGHTY-ZIPも二まわりほど小振りですが
ちゃんと復刻されています。
このJKTの存在は知っていても実際に目にしたことが無かったので
見た瞬間にヤラレました・・・!
Paraboot


Paraboot 』 手に入れました。

高校生の頃、初めて見た時の衝撃が大きすぎ、未だに思い入れが強いParaboot。
MICHAELがとにかく好きで、中でも甲部にアザラシファー使用したものが一番。

今回のMICHAELはアザラシファーではなく甲部にキャンバスを使用し
どちらかというと春夏に向けて作られた一足です。
これからの季節にショートパンツや裾をロールアップしたりして素足に履きたい気分!



これから何年経ってもParabootは必ず履き続けるアイテムです!


Paraboot

創業者のREMY RICHARD-PONTVERTが、1919年にアメリカ滞在から帰国した際に
持っていたラバーで覆われたブーツをヒントに生産が始まったラバーソールブーツ。
使用するラバーにはブラジルのPARA港から直輸入された天然ラテックスを使用しており
Parabootは靴に用いるパーツを自ら製造する世界で唯一のレザーシューズメーカーです。

過去に HERMES の別注から生まれた甲部にアザラシファーを使用した
チロリアンシューズが今も尚、定番として作り続けられている。
MIGHTY-MAC


MIGHTY-MAC

60S〜70S頃のジャケット。
このシリーズはいくつもパターンがあり、フロントの模様がそれぞれ違います。
紺×白×赤の切り替えだけでもかなりイケてますがこのフロントのパターンは
全て『国際信号機』の文字旗を使用していて実は意味があります。
ちなみにこのジャケットの文字旗は 『W』 。

『I require medical assistance』

という意味です。
タグなどは全て取れていますがこのジャケットは
Abercrombie&Fitchとのダブルネーム。
元々、Abercrombie&FitchMIGHTY-MAC
アメリカを代表する東海岸のアウトドアブランドです。

MIGHTY-MACは復刻が出るらしいので
もしかしたら今年盛り上がるアイテムかも・・・
Lorinza


LorinzaのBirkin-bag手に入れました。

某フランスメゾンのbagイメージを残し、柔らかなレザーで再現しています。
間口もマチもかなり大きめなのでガンガン詰め込んでも問題なさそう。
そして何より、写真では見えませんが太めのショルダーストラップが付いているので
肩掛けして自転車に乗ってもハマるデザイン!
Gap × Stella McCartney  and more...
fast fashionの波が強すぎると以前書きましたが
SPA世界1位のGAP。やっぱり動いてます!
過去の「PIERRE HARDY」コラボは個人的にかなり意外でしたが
今回は・・・

Gap × Stella McCartney

子供服ライン「GapKids」とベビー服ライン「babyGap」に限ったコラボのようですが
デザイナーとして、母親として、、、どちらの視点でデザインするのか気になります!

日本国内のGAPでも取扱われる様なので、周りに小さい子がおられる方
一度見に行ってみては?
因みに展開は11月頃を予定しているみたいです。


でもそれだけで終わらないのがGAPの凄さだと思います。

GAP × Alexander Wang

新進気鋭のデザイナーとコラボする企画「GAP DESIGN EDITIONS」
09年起用デザイナーとしてAlexander Wangが指名されたようです。(他2組/計3組)
GAPのクラシックカラー「KHAKI」に焦点をあてデザイナーごとの解釈を落とし込む。
展開は7月の予定。


どちらが気になりますか?



Stella McCartney

15歳でChristian Lacroix最初のクチュールコレクションを手伝い
26歳の若さでKarl Lagerfeldの後任としてChloeのチーフデザイナーに就任。
Chloe退任後もadidas、H&Mとコラボを重ねている。
父親は元BEATLESのPaul McCartney

Alexander Wang

在学時代に自身のブランドAlexander Wangをスタート
Marc Jacobs、Derek Lamでのインターン経験を元に
05s/sでデビュー。
リラックス感のあるシルエットが特徴で今最も注目される若手NYデザイナーの一人。
過去にUNIQLOとコラボを経験。
FUTURE PACER


FUTURE PACER

80年代を代表するスニーカー「MICRO PACER」のアップデート版といえるデザイン。
ランニング用に色々探していた中、見た瞬間にヤラレました!

「MICRO PACER」といえばの万歩計は付いていませんが
86年のオリジナル、00年限定復刻に近いカラーリング。

街履き用にしたいところですが、、、走り込みます!!
human calendar IZUYA / Rocca
music
goods MoMAstore
photograph